親が歳を取ってくると、色々と考えなければならないことがでてきます。体のこと、お金のこと。その中で親の持ち物の整理、片付けも忘れてはならない問題です。「まだまだ元気でいるから大丈夫!」と思っていても、いずれは親を見送る日がやってきます。親が亡くなった時、葬儀の次に直面するのが遺品整理です。

実家を片付けるというのは想像以上に大変な作業です。親が元気なうちに進められること、もしもの時に遺品整理で実家を片付ける実際の手順などについて不用品回収のプロがお話します。

親が元気なうちにできる片付けのコツ

親の死後行う片付けを俗に「遺品整理」と言い、高齢化の昨今、ニュースなどでも特集が組まれるほど注目されている言葉の一つです。一方、親がまだ元気な間にしておく「生前整理」もまた気になる方が多いと聞きます。しかし、「万が一に備えて、そろそろ、遺品の整理を始めてほしい」と頼むのは、親子関係でも非常に気が引けるものです。

しかし、よく考えてみてください。親と離れて生活している、遠方で暮らしている方がもしもの時に遺品整理で実家に入っても、どこに何があるのかもわからず戸惑い、時間ばかりかかってしまいます。親がエンディングノートを作ったり終活に興味を持ち、遺品整理で実家を片付けることについて、意志を残しているならば良いですが、なかなかそこまでできる方はいません。

歳を取り、足腰が弱ってきたり、体力がなくなってくると、室内に多くのものがあることでつまづいたり思いがけないケガの原因になります。また、介護をする上で物が多いと不便なことも多くあるため、これから必要になる介護とからめて話題にすると、親にも片付けを勧めやすいように感じます。

また、実家の片付けをスムーズに進めていくための重要なポイントとして、作業では親の意向を尊重すること、自分の考えを押し付けないことがあります。自分にとって不要に見えるものでも親にとっては大切な思い出の品であることが多くあります。写真、洋服などがその一例です。ですので、親に任せるのではなく、一緒に、実家を整理する時間を持つことことをおすすめします。何かあった時に必要なものがどこにあるかも確認できますし、子どもと一緒に思い出のものを整理するのは親にとっても嬉しい時間になるはずです。

親の死後に遺品整理をし実家を片付けるコツ

親が亡くなると、まずは葬儀を執り行い、その後の手続きや片付けなどやることが沢山あります。中でも遺品整理をして実家を片付けるのは、残された家族にとって大きな仕事です。ここで、不用品業者のプロが効率的な遺品整理、片付けを実家で行うためのおすすめの手順をお伝えしたいと思います。

①遺品の整理・分類をする

②それぞれの処理方法を決める

③最後に必要な業者を手配し依頼する

じかし、近くに住んでいて頻繁に実家を訪れることが出来る方、時間的に余裕を取れることができる方は自分自身で作業をすすめることができますがそんな方ばかりではありません。遠くに住んでいる、遺品整理で実家を訪れる時間があまりない方は遺品整理、実家の片付け、清掃など、すべて丸ごとエコステップにお任せください!ご希望の日時に整理・片付けに伺います。お気軽にご連絡ください!